債務整理後の仕事はどうなる?【転職はきつい?】

  •  
  •  
  •  

債務整理後の仕事はどうなる?【転職はきつい?】

債務整理後の仕事はどうなる?【転職はきつい?】

債務整理の種類によっては手続きが終わるまでの期間、一定の職業に就けないという制限が課される場合があります。

 

職業の制限が課されるのは自己破産、それも免責が許可されるまでの数ヶ月の間だけです。

 

この期間中は、警備員や弁護士、司法書士などの士業、保険の外交員などの仕事に就くことが出来ません。

 

免責許可が下りるとこの制限はなくなり、どんな仕事をすることもできるようになります。

 

こうした職業に一定期間就けなくなる理由は、これらが他の人の財産や大金を扱う仕事だからです。
自己破産は最終手段であり、全ての借金を帳消しにする代わりに、自分の財産のほとんどを手放すものです。

 

その手続や免責許可の審査は厳密に進められ、あなたの経済状況や借金の原因などがしっかり調べられます。

 

預金通帳やクレジットカードなどを全て提出させられることからも分かるように、お金の出入りまできちんと調べられるのです。

 

こんな手続きの間に、他の人の財産やお金を扱う仕事をすると審査に支障を来す恐れがあります。しかも自己破産手続きの最中ということで、預かったお金に手を出してしまうという可能性も無きにしもあらずです。

 

そういった問題が起きないように手続き中は職業が制限されています。よって、手続きが終了すれば、再びどんな仕事にも就けるようになるというわけです。

 

メニュー

 

債務整理後の仕事はどうなるのか気になり調査してみました。借金解決のために債務整理をしたいが、仕事に影響するのか気になるという人はチェックしてみてください。