債務整理をすることのメリット<借金の苦しみは減る?>

  •  
  •  
  •  

債務整理をすることのメリット<借金の苦しみは減る?>

債務整理をすることのメリット<借金の苦しみは減る?>

始めはそこまで借りるつもりは無かったのにいつのまにか借金が増えに増えていて、気がついたら毎月元金どころか利息を支払うので精一杯、もっと悪いと借金返済の為に借金を繰り返す、そんな苦しい日々を送っている人には債務整理という選択肢があります。

 

債務整理のメリットとしては、なんといっても借金苦の生活から脱することが出来ることです。

 

その債務整理には、任意整理と民事再生と自己破産があります。

 

任意整理とは、お金を借りたところと話し合って毎月に利息や支払額を減らしてもらうことです。

 

民事再生では、任意整理を行ってもまだ借金を返済出来ないことを裁判所に認めてもらい、自己破産を回避出来ます。

 

自己破産とは、上記の2つの方法をとってもまだ借金返済が不可能な場合、地方裁判所に申し立てて借金を帳消しにすることです。

 

帳消しに出来る反面、財産を手放さなくてはいけなかったり様々な資格制限があります。

 

自己破産はどうしようもなくなった最後の手段として、それまでの任意整理と民事再生まででなんとか債務整理出来ることが望ましいです。
とはいえ、任意整理デメリットも確かめる必要があります。例えあまりにも多額の借金でどうにもならなくなってしまったとしても債務整理という方法があるので、困ったときにはまずは弁護士に相談しましょう。

 

メニュー

 

債務整理後の生活では、本当にメリットはあるのか、デメリットの方が大きのではないのか気になるところです。このサイトでは、債務整理後の生活に関する説明をしていくので、是非チェックしてみてください。