債務整理の賢い選びかた|事前に知っておくべきこと

  •  
  •  
  •  

債務整理の賢い選びかた|事前に知っておくべきこと

債務整理の方法ごとにメリットやデメリットがあります。

 

自己破産のデメリットは、信用情報に事故情報として登録されているので、今後5~7年間程度は新しくローンを組んでみたり、カードを作ったりと言ったことができません。

 

そして官報に氏名などが掲載されるといったこともあり、破産手続き中には一部の資格で、典型としては保険外交員や警備員などについては失うこととなります。

 

そして免責決定が得られると復権しますので、資格制限がされるようなことはあくまで破産をしている期間のみなのです。

 

そして破産手続き中には自分あての郵便物がすべて破産管財人の所に転送されてしまいますから、不便です。
また、後日自分のところに送ってもらえます。

 

そして自宅やそのほか日常生活に不可欠とまで言えないようなある程度価値がある資産で、比較的に年式の新しい高級自動車や株式については原則手放すといったことになります。
また、個人再生のメリットは、移住用の住宅を残して、ほかの債務の大幅圧縮ができます。

 

そして免責不許可事由が存在していても利用できて、自己破産と異なっていて、資格制限がありません。ですが、デメリットには、信用情報機関に事故情報として登録されます。

 

メニュー

 

債務整理の賢い選びかたの情報を紹介するサイトです。借金解決に着手する前に、是非知っておいてほしい情報ばかりなので、チェックしてみてください。