債務整理後にクレジットカードは使用できないのか?

  •  
  •  
  •  

債務整理後にクレジットカードは使用できないのか?

債務整理後にクレジットカードは使用できないのか?

債務整理をした後にクレジットカードを作る事が出来るのかどうかについてお教えします。

 

債務者が債務整理を行った後には必ず「信用情報機関」という金融機関の利用する債務者の支払能力に関する情報を管理し金融機関に提供している機関にその債務者が債務整理を行った事が記録として記載されます。

 

これにより債務整理を行った後には5年から10年はクレジットカードを持つ事が出来なくなります。

 

中でも特に「個人再生」と「自己破産」の債務整理を行った場合には債務整理後10年間の期間クレジットカードを持つ事が出来なくなるケースが多いです。

 

債務整理の種類が「任意整理」と「特定調停」の場合には債務整理後5年から7年程度の期間クレジットカードを持つ事が出来なくなるケースが多いです。

 

ここで「多いです」と断定して言わなかったのは、これは債務整理後のクレジットカードを持つ事が出来なくなる期間がクレジットカード会社各社によってその判断基準が違ってくる為です。

 

特に債務者が債務整理を行った時に債務整理の対象に入っていたクレジットカード会社のクレジットカードは債務整理の種類を問わず債務整理後は半永久的にそのクレジットカード会社の審査に通る事が出来ない場合もあります。

 

>>自己破産デメリット

 

メニュー

 

債務整理後の生活でクレジットカードが使用可能なのか気になる人は、一つの参考として、当サイトの解説をチェックされてください。