債務整理は弁護士に相談すべき?【必読】

  •  
  •  
  •  

債務整理は弁護士に相談すべき?【必読】

借金で困っている場合に有効な方法として債務整理があります。

 

ほぼ確実に借金が減ったり、時には完全にクリア出来てしまうのですから、借金で困っている人は手続きをしない手はありませんし、勿体無いと言えます。

 

もちろん、債権先との交渉や様々な手続き、そして深い法律の知識が必要になります。ですから、法律の専門家に相談して債務整理を粛々と行うのが通常です。

 

さて債務整理における法律の専門家と言えば、弁護士と司法書士が挙げられます。

 

そこで迷ってしまうのが、いったいどちらに相談すべきなのかという点です。

 

結論から言いますと、弁護士に相談するのがお勧めです。

 

なぜならば、司法書士の場合は介入出来るエリアが制限されているからです。

 

もちろん、司法書士だけで解決出来る債務整理もあります。

 

しかし、簡易裁判所以外を介する債務整理においては書類作成に留まりますし、いかなる場合でも、140万円を超える負債の債務整理の代理人を担当する事は出来ません。

 

一方の弁護士は全く問題がなく、あらゆる債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)の代理人となる事が出来るのです。債務整理の方法の選択は非常に大切になってきます。

 

そして相談するなら、どんな場合でもすぐに代理人として活躍してくれる弁護士が良いでしょう。

 

メニュー

 

債務整理は司法書士よりも弁護士に相談すべきなんでしょうか?興味のある人はチェックされてみてください。