債務整理のデメリットとは?債務整理前に必読

  •  
  •  
  •  

債務整理のデメリットとは?債務整理前に必読

債務整理のデメリットってどんなものがありますか?

債務整理は自己破産や、任意整理、個人再生など借金を整理する総称の事を言います。

 

自力で返せない借金=自己破産というイメージがありますが、自己破産は借金をゼロにす事ができる債務整理です。
一方、任意整理は借金がゼロになる事はありませんが、借金の減額など月々の返済額が少なくなる債務整理となっています。

 

個人再生はまず借金を減額してから、その借金を3年で返済していく制度の事を言い、それぞれ効果に違いがあるのです。

 

借金の返済が必要なくなる、また借金の返済額が減るので債務整理はメリットばかりに目が行きがちですが、メリットがあれば当然デメリットも
あるので注意しましょう。

 

債務整理のデメリットとして挙げられるのが、金融機関からの信用が無くなるという事です。
自己破産などをすると、銀行などの金融機関でローンやクレジッカードを作る事ができなくなり、全て現金で購入しなければいけません。

 

ただ、ずっとローンやカードが作れないという事はなく、約5年から7年間程の期間が開けば、ローンなども組めるようになると言われています。

 

 

例えば、土地や現金などの資産を手放さなければならないなどのデメリットがあるので、まずは弁護時や司法書士と相談し、安易に債務整理をしない事がお勧めです。

 

自己破産
自己破産についてより詳しくしたい人は是非こちらもチェックしてみてください。

債務整理方法
 

メニュー

 

債務整理のデメリットに関する記事の紹介です。債務整理を考えている人は、一度、債務整理をする前に是非チェックしてみてください。